Produced by Tanken Seal Seiko CO.,LTD

エアベアリングロール

  • HOME »
  • エアベアリングロール

 

エアベアリングロール

airbearing_bar_master_top_message_img01

特許出願済み

 

静圧気体軸受技術を活かした

ウェブハンドリングのための浮上搬送用ロールです。

ウェブの浮上搬送を可能にすることで

摩擦駆動によるトラブルを防止することができます。

 

浮上搬送によるメリット

●低張力で搬送可能  :ウェブの変形を防止します。
●スリップを防止   :ロールとの接触によるキズを防止します。
●組込精度の最適化    :ミスアライメントの影響を緩和させ、ロール上のトラフの発生を抑制します。

多孔質カーボンを使用

●消費空気量が少ない :多孔質絞りにより高効率を達成し、空気の消費を抑えます。
●帯電しにくい    :カーボンは良導電体です。
●発塵しにくい    :骨格強度に優れる多孔質体を透過する流体はクリーンです。

高い基本特性

●安定した浮上特性   :ウェブを支持する流体膜の安定性は、気体軸受そのものです。
●低応力        :ウェブ全面を流体膜で均一に支持します。
●低騒音        :稼働時の騒音はほぼゼロです。


製品仕様

〇指定環境
指定環境3
〇製品仕様
製品仕様3

〇代表データ
ウェブの浮上搬送に関する各種データを準備しております。代表的なものを掲載いたします。ご希望のデータがありましたら、営業担当までお問合せください。

代表データ2種・測定条件
測定条件

 

 

 

 

 


図面及び部品リスト

〇図面

寸法図3

〇寸法表
寸法表


発塵量

エアベアリングロールに使用する多孔質カーボンは、安定した多孔質炭素材料であるため、発塵量はごく微量です。炭素粒界の結合度が高く、透過する空気との摩擦で粒子が脱落することはありません。材料から部品、完成品に至るまでの洗浄を行い、パーティクルを効率的に除去しています。

〇パーティクル実験の実験条件と実験結果を以下に示します。
・使用モデル:PC3RFA-100/400-ACNA
・試験装置 :密閉型発塵量試験装置(図.参照)
・測定機  :光散乱式粒子計数器
・圧力   :約0.3MPa
・時間   :120分
・可測粒子径:0.1μm以上
・測定風量 :28L/min
・評価方法 :1分あたりの各粒径パーティクル数を評価

〇パーティクルテスト試験フロー
エア配管図

〇エアベアリングロールの発塵量
パーティく測定結果


ウェブハンドリング 浮上搬送実験装置

ウェブの浮上状態を計測する実験装置を常設しています。

〇浮上状態の条件出しをサポート
・エアベアリングロール上で浮上状態にあるウェブの浮上特性を把握できます。
・浮上特性はエアの供給圧を始めとした各種条件により変化いたします。
・貴社のウェブでの条件出しをサポートすることが可能です。

装置概要3
詳細は営業担当へお問合せください。


レンタル品

性能確認のための製品の貸出を行っております。
貴社の装置での評価や、ワークの持ち出しが難しい場合など、貸出して性能確認が可能です。

〇レンタル品 寸法表
貸出品リスト
ABR3本1

貸出しにあたり、各部の寸法については営業担当者へお問合せください。


使用上の注意

● ロールが平行になるよう、アライメント調整が必要です。
● 本製品を移動するときはジャーナル部で支持してください。
● 本製品のジャーナル部、及び装置の軸受取付け部は清浄な状態にしてください。
● 装置に固定した状態で、装置を運搬しないでください。
● 多孔質カーボンの目詰まりを防止するために、クリーンエアーを供給してください。
● 多孔質カーボン部への水、粉、油等の付着は性能に影響を与える恐れがあります。
● 本製品の精度は、23℃±3℃での保証値となります。
● 極度な温度環境に曝されると、精度の低下や破損の原因となります。本製品を輸送する場合は温度
 管理にご注意願います。塵埃のない水のかからない直射日光の当たらない場所に設置してください。


カタログ(PDF)は下記からダウンロードできます。

エアベアリングロールカタログ

本カタログに示される製品仕様、実験データは一例です。
製品の仕様は、予告無く変更する場合がございます。
ご了承ください。

お気軽にお問い合せください。 TEL 03-3750-2152

PAGETOP
Copyright © ㈱タンケンシールセーコウ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.